中間市・北九州市の歯科、はたぶ歯科医院 | 保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療の違い

自費診療という言葉を耳にしたことがある方も少なくないと思います。
保険の入れ歯と自費の入れ歯とは一体どこが違うのでしょうか?

一般的には自費の入れ歯のほうが材料がよいので良い入れ歯ができるとよく言われます。確かに材料は品質の良さを決める大切な要素です。しかし材料の違いだけが全てではありません。

技術のレベルと治療時間のかけ方が保険と自費の本当の違いです。

総入れ歯・部分入れ歯は本格的に作ろうとすると、高度な技術と、それに見合った時間が必要です。
つまり、いくら材料がよくてもそれに技術がともなわなければ良い入れ歯はできあがらないのです。いつも保険の入れ歯をつくっている歯医者さんには、自費の入れ歯はつくれないのです。自費診療で入れ歯をつくるときは、入れ歯に関して自費診療を主にやっている歯医者さんを選んでください。自費診療をしている歯医者さんは、たんにいい材料をつかっているだけではありません。

本当の入れ歯治療というものは、まず患者さまの悩みを時間をかけてじっくりと聴き、そしてその患者さまに合った入れ歯を患者さま、歯科医師、歯科技工士が一体となって作りあげていかなければなりません。そうやって気持ちを一つにして治療していくことが良い入れ歯づくりにつながると思っております。

入れ歯は作ってからが治療の始まりです。

「歯医者さんで入れ歯を作ると慣れるまで辛抱しなければ」と言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
当院では痛かったり、噛めなかったり、違和感があるときにはすぐに調整に来ていただいております。

入れ歯ができあがったあとの調整期間は患者さまによって異なります。お口の中の状態が悪かった人ほど調整に時間がかかります。
みなさんは入れ歯ができあがればそれで治療は終わりだと思っているかもしれませんがそうではありません。
これから「入れ歯の人生」のはじまりです。
入れ歯ができあがったときから、実は入れ歯づくりが始まります。
調整を重ねてその人の口にピッタリ合う入れ歯をつくっていくのです。

ご一緒にあなたのためのオーダーメイドの入れ歯をつくる力になれればと思っております。

Copyright(C)2008 hatabu.jp. All right reserved.