中間市・北九州市の歯科、はたぶ歯科医院の院長ごあいさつ

入れ歯・義歯でお悩みの方へ

はたぶ歯科医院、院長の江島信太郎です。

当院では保険外で装着感の良い入れ歯づくりに取り組んでいます。

歯を抜いたあとに、インプラントにするか入れ歯(義歯)を入れるかで悩んでおられる方が多いと思います。
患者さまにとって一番リスクの少ない選択として、はじめに入れ歯(義歯)を作り、どうしても違和感を感じてしまう場合にインプラントへ移行することがベストだと考えています。

入れ歯(義歯)専門の歯科医院はまだまだ少なく、患者さまの立場で考えると、どこへ行けばいいのかわからないのが現状だと思います。
自由診療で作る入れ歯は保険で作る入れ歯とは基本的なところから違います。

当院での入れ歯(義歯)治療はまず治療用義歯(リハビリ用義歯)でお口の状態を改善してから、新しい入れ歯(義歯)を作るという治療法を取り入れています。良い入れ歯を作るのは「家づくり」と同じで時間はかかります。
少し遠回りのように感じるかもしれませんが、結局はそのほうが早く、確実に、入れ歯がお口に合うようになります。
もちろん治療用義歯の必要のない方もおられます。

はたぶ歯科では、少人数完全予約制というシステムをとっています。
それは、あなただけの時間を確保することで、十分満足のいく治療や説明を提供するためです。時間にゆとりをもった診療で集中した密度の高い治療を行っています。
どうぞお気軽にご相談ください。

ミラクルフィット

治療用義歯とは?


最終義歯を作るためのリハビリ用義歯です。
まず治療用義歯で口の状態を改善します。

入れ歯をつくる前には治療が必要です。歯ぐきや噛みあわせをよくして、入れ歯をしっかりはめられる状態にします。

この治療に使うのが、治療用義歯です。本義歯を入れる前に治療用義歯を口にはめて生活していただき、新しい入れ歯に口の状態を慣らしていきます。
それによって歯ぐきやあごや噛み合わせが改善され、入れ歯に適応していきます。

患者さんのなかには、最初から「本義歯で」とおっしゃる人もいます。もちろん、口の状態がそんなに悪くなければ直接本義歯をつくってもかまいません。
しかし、現状はご本人が思っているほど口の中の状態はよくないのです。そういう状態でせっかく本義歯をつくっても、いざ口にはめると痛かったり噛めなかったりして、結局そのあとの調整に時間がかかり、たいへんな仕事になってしまいます。
ですから、まず治療用義歯で口のなかの状態をよくしてから本義歯をつくったほうが、早く、確実に、入れ歯が口に合うようになります。「急がば回れ」といいますが、結局はそのほうが口の中の回復も早いのです。

・義歯の設計(大きさ、高さなど)の確認
・正しい上下の顎の位置での咀嚼に慣れていただくこと
・義歯の取り扱いに慣れていただく

ということも、治療用義歯の重要な役目です。
治療用義歯でのリハビリが終了したところで、最終義歯の製作に取りかかります。

治療用義歯による治療期間は、個人差があります。お口の中の状態が悪かった方ほど調整に時間がかかります。
その後、「新しい入れ歯・義歯の完成、調整、終了期間」は平均1か月〜3か月になります。
だだし、難しい症例の場合は、1年位の長期になることもございます。


Copyright(C)2008 hatabu.jp. All right reserved.