入れ歯安定剤に頼らないで!

BLOG
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 入れ歯安定剤に頼らないで!

入れ歯安定剤は入れ歯を安定させるために歯茎に塗るものですが、均一に塗るのは難しく、入れ歯を入れるたびに噛み合わせの位置が違ってきます。
また入れ歯と付着する歯茎の位置も少しずつずれてきます。こうしたことが長く続くと、その時々で入れ歯の圧力がかかる歯茎の位置が違ってきて、ブヨブヨになります。このような状態を専門的に「フラビーガム」と呼んでいます。

こうなると正確な型が取れないので、新しい入れ歯を作るのはとても難しくなります。

入れ歯安定剤を使うことが習慣化すると、このようにさまざまなトラブルに見舞われる危険があります。

また何年も使っている間に、顎の粘膜が加齢やさまざまな原因でやせてきてしまい、少しゆるくなる場合もあります。

そうしたとき、今お使いの入れ歯の内面を今の顎の粘膜の状態に合わせて、うまく裏打ちする方法もあります。

入れ歯安定剤は、あくまでも応急処置のために臨時に使うものと考え、ぜひ歯科医にご相談ください。

過去のお知らせ

初めての方でもご安心ください

歯科医院に行くには勇気が必要なものです。そのため当歯科では患者さんの気持ちに寄り添った治療をしていきたいと思っています。入れ歯(義歯)相談も行っていますので何でもご相談ください。

当院の特徴

北九州近郊・中間市で入れ歯に力を入れている歯科医院です。完全予約制でゆっくりと時間をとって診療しています。

詳細を見る »