根の病気と治療について

BLOG
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 根の病気と治療について

北九州市・中間市で入れ歯(義歯)に力を入れているはたぶ歯科です。

根の病気ってなあに?どうして根の治療をするの?

根の治療をする時は、主に2つの場合があります。

虫歯は放っておくと、虫歯は深くまで進んで、歯がしみたり痛んだりします。これを歯髄炎といいます。歯髄が細菌に感染してしまったということです。

もうひとつは虫歯や打撲などによって神経が死んでしまった時や、根の治療を途中のまま期間がたってしまった時や、以前に神経を取っている歯が何らかの原因で感染を起こした時に根の先端に膿が溜まってきます。このまま放置すると、だんだん痛くなってきます。

根管はしっかりと殺菌する必要があります。
根管は非常に細く形も複雑なため、この治療には大変な時間と労力が必要です。
当院では保険外のお薬など使用し、時間をとって治療をしてまいります。
そのため保険外治療をさせていただいております。

詳しくはご来院されてからご説明いたします。

過去のお知らせ

初めての方でもご安心ください

歯科医院に行くには勇気が必要なものです。そのため当歯科では患者さんの気持ちに寄り添った治療をしていきたいと思っています。入れ歯(義歯)相談も行っていますので何でもご相談ください。

当院の特徴

北九州近郊・中間市で入れ歯に力を入れている歯科医院です。完全予約制でゆっくりと時間をとって診療しています。

詳細を見る »