治療用入れ歯を入れる目的

BLOG
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 治療用入れ歯を入れる目的

北九州市・中間市で入れ歯(義歯)に力を入れているはたぶ歯科です。

治療用入れ歯とは、本入れ歯を作る前にお口の中を改善する目的で入れる入れ歯です。

例えば、抜歯をされた顎の歯茎や骨の形は日を追うごとに変化していきます。
そして、歯茎がだんだんと固まっていく頃には、入れ歯と歯茎の間に隙間ができてきます。その隙間を埋める作業もしなければなりません。

治療用入れ歯でしっかりと口の状態を改善したならば、その後の本入れ歯はスムーズに進行するでしょう。

治療用入れ歯の期間は、人によってさまざまです。その先の本入れ歯の安定に大きく左右する重要な時期ですので、この間はじっくり時間をかけ、治療をしていくことをお勧めします。

☆入れ歯の洗い方

入れ歯の洗い方は、入れ歯を外して、水道水を流しながら、専用のブラシで洗うだけで結構です。歯磨き粉は絶対に使わないでください。歯磨き粉の研磨剤によって、入れ歯に傷がつくためです。毎食後に洗うことができれば最良ですが、1日1回夜寝る前にしっかり洗うだけでも十分です。入れ歯洗浄剤などは、基本的に使わなくて結構です。

「入れ歯」でおいしく食べるコツ&今日からできる快適ケアより

過去のお知らせ

初めての方でもご安心ください

歯科医院に行くには勇気が必要なものです。そのため当歯科では患者さんの気持ちに寄り添った治療をしていきたいと思っています。入れ歯(義歯)相談も行っていますので何でもご相談ください。

当院の特徴

北九州近郊・中間市で入れ歯に力を入れている歯科医院です。完全予約制でゆっくりと時間をとって診療しています。

詳細を見る »