良い入れ歯を作るために

BLOG
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 良い入れ歯を作るために

本入れ歯を作る前にお口の中を改善する目的で入れる入れ歯のことを治療用入れ歯といいます。

入れ歯を作る前には治療が必要です。歯ぐきや噛み合わせをよくして、入れ歯をしっかりはめられる状態にします。当院ではこのステップを経て入れ歯を仕上げてまいります。

治療用入れ歯を入れる目的は4つあります。

1.本入れ歯を前提として審美性(見た目)を保つこと。

2.抜歯後の粘膜やフラビーガム(コンニャク状歯肉)のような粘膜を改善すること。

3.かみ合わせを改善すること。

4.骨の吸収を防ぐこと。

例えば、抜歯をされた顎の歯茎や骨の形は日を追うごとに変化していきます。そして、歯茎がだんだんと固まっていく頃には、入れ歯と歯茎の間に隙間ができてきます。その隙間を埋める作業もしなければなりません。

治療用入れ歯の期間は、人によってさまざまです。その先の本入れ歯の安定に大きく左右する重要な時期ですので、この間はじっくり時間をかけ、治療をしていくことをお勧めします。

「入れ歯」でおいしく食べるコツ&今日からできる快適ケアより

 

過去のお知らせ

初めての方でもご安心ください

歯科医院に行くには勇気が必要なものです。そのため当歯科では患者さんの気持ちに寄り添った治療をしていきたいと思っています。入れ歯(義歯)相談も行っていますので何でもご相談ください。

当院の特徴

北九州近郊・中間市で入れ歯に力を入れている歯科医院です。完全予約制でゆっくりと時間をとって診療しています。

詳細を見る »