口内菌を管理する新しい習慣

BLOG
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 口内菌を管理する新しい習慣

北九州市・中間市で入れ歯に力を入れているはたぶ歯科です。

歯周病菌は全身疾患の原因となることが最新の研究で解明されています。

歯周病の予防は、お口の中や全身の健康管理の基本です。

ロイテリ菌は体のなかに共生している天然の乳酸菌で、母乳の中や赤ちゃんのおなかの中に多く認められます。

善玉菌の代表として乳酸菌が広く知られており、200種類以上存在していますが、スウェーデンでの最新の研究により、その中に虫歯菌や歯周病菌などの原因である悪玉菌を減少させる乳酸菌がいることが発見されました。その乳酸菌がロイテリ菌です。

寝ている間は、抗菌作用・自浄作用のある唾液量も半減し、悪玉菌も増えやすくなりますが、ロイテリ菌を含んだタブレットを毎日就寝前になめてもらうと、虫歯と歯周病予防に効果を発揮します。

 

過去のお知らせ

初めての方でもご安心ください

歯科医院に行くには勇気が必要なものです。そのため当歯科では患者さんの気持ちに寄り添った治療をしていきたいと思っています。入れ歯(義歯)相談も行っていますので何でもご相談ください。

当院の特徴

北九州近郊・中間市で入れ歯に力を入れている歯科医院です。完全予約制でゆっくりと時間をとって診療しています。

詳細を見る »