歯周病・虫歯予防

PERIO

POICホームケア

当院では、歯周病・むし歯・口臭予防にPOICホームケア(高濃度HCLO水)をお勧めしております。

当院では、歯周病・むし歯・口臭予防にPOICホームケア(高濃度HCLO水)を治療の一環としてお勧めしております。

こんな方におすすめします。

  • お口の中がネバネバするなど不快感
  • 口臭が気になる
  • 虫歯の予防
  • 歯周病(歯ぐきが腫れる・出血する)の予防

お口に含みグチュグチュ30秒ほどうがいをします。

人間の体内で免疫担当細胞として働く白血球が、侵入してきた微生物に対し、殺菌する過程で産生する次亜塩素酸の殺菌力と安全性に着目しました。

高濃度電解次亜塩素酸水は、不純物を限界まで取り除いた純度99.7%の「塩」と「超純水」を電気分解させた水です。口の中の細菌を除菌消

毒して口臭の発生、プラークの形成を抑制し、歯周病や虫歯を予防します。薬品等は一切使用しておりませんので、安心してお使いいただけます。

この次亜塩素酸水はほとんどの細菌、ウイルスを30秒以内に除菌します。 「塩素」という名がつくと怖いイメージがありますが、歯科領域で使われるHCLOは、PH5.5~7.0の範囲にあり、ほぼ中性に近い弱アルカリ性ですので、安心して使えます。

この除菌水の優れた特徴は歯の汚れを「タンパク分解洗浄」しながら「除菌」を同時にできるという点にあります。 タンパク分解の酸性物質によりそれ自身が次亜塩素酸イオンから次亜塩素酸に形を変え強力な除菌水に変化していくところに大きな特徴があります。

急激な高齢化がすすむわが国において、これらの方々の口腔環境は非常に厳しく、深刻な問題を抱えています。口腔は生きる活力を生み出す器官であると同時に感染症の原因ともなっています。

当院はPOIC(専門的口腔感染症予防)研究会の会員です。
まさに口腔は生きる意欲を引き出す場所です。我々の願いは、口腔を通して日本と日本人を元気にすることです。

歯周病・虫歯予防・バクテリアセラピー

ヨーロッパで新しく誕生した予防医学で、すぐれた善玉菌を摂取することにより、体の中にいる菌のバランスを変え、体質を変えていく細菌療法のことをいいます。世界63か国と地域の医療機関に導入されています。

口内菌を管理する新しい習慣

スーパー乳酸菌「ロイテリ菌」を毎日就寝前に1錠なめてもらうと歯周病・虫歯・口臭予防に効果を発揮します。

健康な人の歯には1本あたり1億個の細菌が住んでいます。この菌のバランスの良し悪しはお口だけでなく全身の健康と大きく関係しています。バクテリアセラピーは天然乳酸菌(L.ロイテリ菌)の力で口内菌バランスを健康に保つ新しい方法です。

ロイテリ菌ってなに?

ロイテリ菌は体のなかに共生している天然の乳酸菌で、母乳の中や赤ちゃんのおなかの中に多く認められます。

善玉菌の代表として乳酸菌が広く知られており、200種類以上存在していますが、スェーデンでの最新の研究により、その中に虫歯菌や歯周病菌などの原因である悪玉菌を減少させる乳酸菌がいることが発見されました。その乳酸菌がロイテリ菌です。

また、ロイテリ菌は天然の抗生物質である「ロイテリン」を分泌し、悪玉菌を退治するという特殊な働きをもっていて、虫歯菌や歯周病菌に対して殺菌効果があることが認められました。さらに虫歯や歯周病の原因でもあるプラークを分解する働きを持っています。

バクテリアセラピーではロイテリ菌をどのように使用しますか?

バクテリアセラピーは、医薬品を一切使用しないことから副作用のない安全性が確保されている他、単に患者さんだけでなく健康な人が平素から予防的に取り組めるという大きな利点もあります。

寝ている間は、抗菌作用・自浄作用のある唾液量も半減し、悪玉菌も増えやすくなりますが、ロイテリ菌を含んだタブレットを毎日就寝前になめてもらうと、虫歯と歯周病予防に効果を発揮します。

診療内容

お口の健康と身体の健康とは密接な関係があるため、生涯を視野に入れた治療を行っていくことが大切です。治療終了後の定期的な検診が非常に大切です。

当院では歯周病予防・虫歯予防のための口腔ケアに力を入れています。